So-net無料ブログ作成
お酒の事(その他編) ブログトップ
前の5件 | -

目指せ!桂花陳酒♪ [お酒の事(その他編)]

『桂花陳酒 けいかちんしゅ』というお酒をご存知ですか?

楊貴妃が好んだと言われている、このお酒。
一般的なものは、白ワインと金木犀から出来ているとは知っていました。






・・・・・・作ってみました♪♪
完成.jpg

この状態にするまでに、ざっと4時間半。肩と背中がバキバキです。笑


まずは、金木犀の花を摘み取らなければいけません。
3点セット.jpg
「なんちゃって農家の嫁っこ」の農作業セット。
年に数回しか使わないけど、衣装だけはあるんだな~~笑


汚しても良いズボンと長袖に着替えてから、始めましょう。


お母さんから「木が伸びちゃって、しょんないから、切っちゃっていいよー。」とのお言葉。
※しょんない=仕方がない。


それでは・・・と遠慮せず、花がついてる枝をザクザク切っていきます。
枝.jpg
んーーどんくらいあれば足りるんだろ??
ま。まずは、この位でやってみよー。


開始.jpg
切ってきた枝と、花をいれるザルを用意します。


アップ.jpg
この、花の部分を

むしる.jpg
むしります。


むしった.jpg
花びらのみを、むしりとりましょう。


番猫.jpg
ポチくんも応援に来てくれました。


と、思ったら・・・
おひるね.jpg
さっさと昼寝に入りました。(^-^;


約1時間ほどで、切ってきた枝から花をむしり終わりました。
花.jpg
・・・ちょっと少ないかな?


と言う訳で、おかわりです。
おかわり.jpg
そして、またプチプチプチプチ・・・。


一時間半後、おかわり分の花も、むしり終わり。
花2.jpg
あんまり増えてるのがわかんないかな~?
でも、確実に増えました。

花を取った後の、枝がこのぐらいありました。
ゴミ.jpg
これを見ると、頑張った!という気がしますね。笑



この後、花びらとゴミとをざっとよけて、瓶詰めです。
ビン詰め.jpg
初めての金木犀酒を作るにあたり、検索しまくったのですが、
レシピがマチマチで、非常に悩みました。



ここからは、自分メモ。

作成日:2009年10月15日(木) 天気は晴れ。風は涼しい。

金木犀酒 No.1
900mlのビンを用意
・氷砂糖 250g
・ウォッカ 500ml
・金木犀 ビンの50%~80%(思ったよりも、入る!)


金木犀酒 No.2
1.8Lのビンを用意
・氷砂糖 150g
・白ワイン 1300ml
・金木犀 ビンの50%(花が足りなかったかも・・・)


いずれも、花は咲き始めのものが良い。そして、洗わない。


ビン詰め2.jpg
後は、花を取り出すタイミングなど、検証の余地がありあり。


今回は、一ヵ月後に花を取り出し、熟成の予定。


ここ数年、金木犀が香る頃になると、思い出してた金木犀酒。
去年も一昨年も、一歩遅くて満開になってしまっていた金木犀。

今年は、蕾がつき始めたかどうかの頃から、毎日チェック!
そのかいあってか、ベストタイミングでの摘み取りに成功しました。

基本的には、果実酒って『漬ける』のが面白いと思う。笑



さてさて、飲める物が出来上がるのか!?ヒジョーに楽しみです(^-^)


nice!(13)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

梅酒2009. [お酒の事(その他編)]

今年は梅の実りが早いですねー。
梅.jpg


6月1日。梅を収穫。
梅2.jpg
今年は豊作!
大ぶりで傷も少なく、綺麗な実が採れました。


早速、梅酒にしましょう。
梅酒.jpg
今年は、基本に戻って、ホワイトリカー&氷砂糖で。

今年の梅酒を造るにあたって、過去の梅酒の味くらべ。

ブランデーベース(リキュール)や、日本酒、みりん&焼酎などでも漬けた事がありますが、
ホワイトリカーが一番、飲みやすいという結論に。笑


ラベル.jpg
後のために、詳細を記載。
同じ分量でも、一瓶ずつ味わいが違うから面白い。


梅酒2.jpg
どんな味わいの梅酒が出来るかな~お楽しみ♪
タグ:梅酒
nice!(11)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

片付け下手 [お酒の事(その他編)]

一向に、衣替えが終わらないnaoです。

なんだかカラダが重いのは、季節柄でしょうかねぇ・・・。
ダルダル星人です。

スッキリ片してから、blogを楽しもう!と思ってましたが、
キリが無さそうなので、blogに逃避だぁ♪(あ。問題解決にはなりませんね。汗)

この前の日曜日には、梅酒を漬けました。
今年は乗り気ではなかった妻でしたが、夫が梅の実を採ってくれたので、
漬けるのは、妻がやりました。
庭の梅2008.jpg
無農薬の梅なので、そばかすだらけです。


梅酒2008仕込.jpg
今年は、焼酎とみりんのブレンド。

去年は、『さむらい』と言う名の46度の日本酒で。
一昨年は、ブランデーベースのリカーやら、ホワイトリカーやらで、漬けました。

梅酒は、年月が経つ程、美味しくなる気がしますね。

今回、10年くらいは経過してそうな梅酒が発掘されたのですが、
とってもまろやかで美味しかったです。

月日が美味しくしてくれる。楽しみです。


さてっと。
ボチボチ片付けますかぁ。笑


nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

梅酒 貴匠蔵 [お酒の事(その他編)]

甕壺芋焼酎仕込み 梅酒 貴匠蔵(きしょうぐら)
(カメとかツボって書けない・・・汗)


これは、濃い感じ。甘みもしっかり。
梅丸とは正反対です。
最初、ロックで飲もうとしたら、氷が解けるのを待ちきれませんでした。笑
なので、ちょっと加水してみたら、飲み口良くて、すすんじゃった♪
最近はお湯割りで飲んでます。
寒い夜の寝酒にピッタリ。

※ 匠 & 巧 の字を見ると、どうしても思い出してしまうマンガがあります。笑
  正しくはマンガの中のセリフ。
  ・・・これでわかる方、あなたもファンですね♪(居ないかな?)


nice!(3)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

梅丸 [お酒の事(その他編)]

志太泉 純米梅酒 梅丸

これ、日本酒ベースの梅酒です。

実は、このお酒と同じ。

しだいづみ にゃんかっぷ ラスタ

この、にゃんかっぷには、梅の実が入っている(3つも!)のですが、
梅丸は、梅の実ナシの梅酒だけ。

夫が飲みまくったおかげで、我が家には、にゃんかっぷがあふれてきたので、
今回は、500ml入りのビンの梅丸にしました。

まぁ、厚手で使い勝手が良いので、重宝してますけどね。にゃんかっぷ。
でも、さすがに大家族の我が家でも、10個以上は要らないと思うのよね~。笑

あまったるくない、飲みやすい梅酒です。

今年、漬けた自家製の梅酒。
『さむらい』という度数の高い日本酒で漬けた梅酒。
まだ、味見をしてません。どうなってるかな~?


nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - お酒の事(その他編) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。